sakiblog

双極性障害Ⅱ型。只今リハビリ出勤中。まずはカテゴリから「双極性障害と診断されるまで」を読まれることをおすすめします。

新しい上司

久しぶりの更新である。
あたしの職場では、七月に異動があるのだが、上司が変わることになり、不安と期待が入り交じりながら新しい上司を迎えた。
上司は女性で、既婚で三人の子持ち。子供ができると出世を拒む風潮にあるうちの職場では、かなりのやり手と見受けられた。実際、物凄くサバサバとしたパワフルな方であり、異動初日に行われた飲み会ではすっかり圧倒されてしまった。
新体制では、私の受け持つ仕事は大きく変わった。慣れない上司、慣れない仕事。異動があってから数日は、帰宅するとぐったりしてしまい、夫にも心配された。
しかし、一週間経ってみて、上司がとても人使いの上手い人だと実感した。叱るときは、根拠を示し、はっきりとした理由を伝えてくれる。褒めるときは、どんな些細なことでもしっかり労ってくれる。あたしはぐっと心を掴まれてしまい、一気に警戒心がほぐれてしまった。偏屈だったり意地悪だったりする上司が多い我が職場で、こんな方と巡り会えるなんて、つくづくあたしは人に恵まれている。
さて、当面の心配事は、不安障害とうつ状態で休職している夫のことである。睡眠薬を処方されているが、ほとんど眠れず、昼夜逆転してしまっている。ひとまず今月いっぱいまで休職ということになっているが、復帰はまだ遠いだろう。そうすると振りかかってくるのは、金銭面での不安である。夫の会社では休職中の給料は出ない。あたしの親に援助してもらおうと考えているのだが、夫は打ち明けるのがこわいらしく、まだ休職のことを親には言えていない。いよいよとなったときまで保留したいのだという。
そんな夫に反感はあるが、まずは自分の体調。あたしまでまた休職してしまうと元も子もない。生理日の前に体調を崩すというのはわかったので、そのタイミングで休暇を入れ、上手くコントロールしていきたい。