sakiblog

双極性障害Ⅱ型。只今リハビリ出勤中。まずはカテゴリから「双極性障害と診断されるまで」を読まれることをおすすめします。

先週、祖母が亡くなった。
腎不全のため入院していて、そう長くはないだろうと思っていたのだが、それにしては早すぎた。一度しか見舞いに行けなかったのが悔やまれる。加えて、単身赴任中につき葬儀にも出られなかった。否、出なかった。行ってしまえば、こちらが参ってしまって、仕事どころではなくなると直感したからだ。一週間経ってみて、その決断は間違っていなかったと感じている。
祖母は良くも悪くも昔の人であった。若い頃は職業婦人として立派に勤め、母と伯父を育て上げた。世間体にこだわり、あたしが大企業に内定したと聞いた途端、隣近所に自慢して回った。結婚式をちゃんと大安にしたのは祖母がうるさいからだった。
そんな祖母だから、あたしが伯父と同じ精神病になったことは、文字通り死ぬまで隠し通した。それを聞いてしまったら、死期はさらに早まっていただろう。乳ガンになった母は、髪も抜け、さすがに隠すことができないから打ち明けたらしいが、それで祖母の体調が悪くなってしまったのだと言って泣いていた。もちろん、母自身も、自分の病気のせいで祖母が死んだわけではないと頭では分かっている。頭では。
最近、具合が悪い。過食嘔吐してしまうし、夜になると気が滅入る。そんなに気にしないようにしているつもりでも、近親者の死はダメージが大きいらしい。
土曜日に、メンタルクリニックの予約をした。カウンセリング重視の所を選んだ。新しい所へ行くのは不安もあるが、今の状態ではすぐに限界が来る。対処できる内に、しておかないと。