sakiblog

双極性障害Ⅱ型。只今リハビリ出勤中。まずはカテゴリから「双極性障害と診断されるまで」を読まれることをおすすめします。

H先生には、まだ性的逸脱のことを話せていない。診察にはいつも夫が付き添っているせいもあるが。ただ、浮気公認になってしまった今は、多少なりとも話しておく必要があるな、と思いつつ。
結婚する前は、今の比じゃないくらい酷かった。毎晩のようにやらせてくれる男性を探していたし、実際に何人とも寝た。救いなのは、素性がハッキリしていて、相手側にもダメージの残る男性に絞っていたところか。誰でもいいわけではなかったし、リスクも一応は考えていた。
一番長い付き合いの相手は、あたしが男性だったら、親友になりうるような奴だ。女の身体だからセックスをしてしまうだけで、そうでなければ、普通に飲みに行って仕事の愚痴を言い合い、病気のことも相談できるような仲。それを考えると、男になりたいと思うけれど、無理なものは仕方がない。
明日は一人でゆっくり過ごそうと考えていたのに、また別な男の誘いに乗ってしまった。断れたのにそうしなかったのは、あたしの意志が弱いせいだ。また後悔するのかな、と感じているのに、止められない。人肌恋しいのが勝ってしまう。通院して薬もきっちり飲んでいるのに、これだ。馬鹿みたいだ。