読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sakiblog

双極性障害Ⅱ型。只今リハビリ出勤中。まずはカテゴリから「双極性障害と診断されるまで」を読まれることをおすすめします。

数年ぶりに精神科の世話になった。否、これからもなり続ける。ほぼ一生、通院が確定したからだ。

中学生の頃から生き辛さを感じていて、大学生になって初めて精神科の扉を叩いた。
そこの先生はハッキリとした病名をつけない方だったので、パニック発作自傷、不眠といった症状だけが記録された。
カウンセリングも行った。自分なりに図書館で勉強もした。そしてボーダー(境界例)ではないかと疑った。
結局、就職する前に通院を止めてしまい、当時のことはそれでうやむやとなる。それからあたしは元メンヘラを名乗ることで治ったものだと思い込んでいた。

就職後、具体的には今年の1月くらいから、段々おかしくなっていった。
家ではぐったり、職場では元気。自己否定に自殺願望。こりゃやばいなー、あかんなー、とは薄々思っていたが、行動する気になれない。
ついに会社に行けなくなり、夫に引きずられて精神科へ。
そこで言われたのは「双極性障害」という病名だった。

ひとまず復職し、安定してきたので、備忘録代わりにそんな経緯を書いてみた。
今日はここまで。