sakiblog

双極性障害Ⅱ型。只今リハビリ出勤中。まずはカテゴリから「双極性障害と診断されるまで」を読まれることをおすすめします。

ほんの隙間を縫っていくらでも嘘を吐けるものだから、あたしはすっかり慢心していて、綻びを見逃したまま眠りにつく。それが数日後、数年後、大きな亀裂になったとしても。この一時間を生きる、そのまま思うままに。
各テーブルの空き瓶に気を配り、嫌みのない程度に立ち回るのは得意だ。上司の気に入るセリフもすいすい口にできるし、形状記憶で張り付いた笑顔は疑われることがない。
だからこそ、表情を作らなくても、気の効いたことを言わなくてもいい間柄は貴重に感じる。目だけで意思の疎通をして、互いの疲れさえきちんと読み取れる、そんな相手はそうそう居ない。
どれだけ歪んでいてもそれが愛情なのだから、あたしはそれを手放さない。