読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sakiblog

双極性障害Ⅱ型。只今リハビリ出勤中。まずはカテゴリから「双極性障害と診断されるまで」を読まれることをおすすめします。

一つ下の後輩は、入社時に多少面倒を見ただけで、現在の仕事ぶりを把握する機会はほとんどなかった。そして、今日ふとしたきっかけで成長ぶりを目にすることができたので、ストレートに褒めてみた。その後、
「あの対応、凄く良かったけど、自分で判断したの?」
と聞くと、
「前に似たようなケースで失敗して、ユージさんに叱られたんすよー」
とのこと。ユージさんとは、あたしが一年目のときの指導担当である。
ユージさんは、少し前に、今年の新人は教えても反応が薄いと言っていたことがあった。あたしも新人時代は色々とヘマをしたが、どうやら彼らより比較的出来がよかったらしい。それで少しの優越感を覚えながらも、心配はしていたので、今回は本当に嬉しかった。
しかしながら、あたしがあざといのは、後輩をあえて自分の上司の前で褒めたことである。本人にとって、もっと効果的な時と場所はあったのだろうけど、ほぼ無意識の内にあたしはそうしていた。日頃、目上の人に媚びてポイント稼ぐ奴は嫌いだなんて豪語しておきながら、この様である。
まあ、直接ではなく、間接的に媚びたのだからまだいいか、と自分を納得させながら、この会社で今日も働いている。