読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sakiblog

双極性障害Ⅱ型。只今リハビリ出勤中。まずはカテゴリから「双極性障害と診断されるまで」を読まれることをおすすめします。

うちはそこそこの規模がある会社なので、時間を無駄にするだけの謎研修がいくつかある。キャリアアップとかワークライフバランスとかリーダーシップとかそういう系。中でもあたしが一番嫌いなのは、メンタルヘルスだ。社員の心身の健康を考えてくれる優良企業なのだと考えれば仕方ないのだけれど、そんなことより溜まっている雑用を片付けたい。
先輩方もおおむねそのような意見であり、年配、というかほとんど定年のおっちゃんになるほどそうである。健康診断で高血圧の相談をするのは有意義だが、会社が用意した初対面の人に、悩みなんて相談しても無駄だと思っているらしい。そういうものは飲み屋で済ませればいいとのこと。うん、同感。
だいたい、人見知りでないあたしでも、カウンセラーに慣れるには一ヶ月以上かかったな、と回想する。お金を払っているのだから、どんなしょうもない愚痴でも話すことはできるのに、妙に遠慮してしまっていた。まあ、確かに効果はあったので、今は元メンヘラだということを周りに悟られないレベルにまで回復したけれど。それがどれだけ長い道のりだったかを知るだけに、会社の研修は無意味だと思ってしまうのである。
今回受けさせられたカウンセリングでは、若者によくある小さな不満を申し訳程度に述べ、さっさとデスクに戻った。先輩から、お前悩んでることなんかないやろー、いつも楽しそうやもんなー、等と言われるのが嬉しい。本当に。