sakiblog

双極性障害Ⅱ型。只今リハビリ出勤中。まずはカテゴリから「双極性障害と診断されるまで」を読まれることをおすすめします。

遊び人を好きになった。
当然、彼はあたしの相手をしてくれない。誘っても、他の女の子と会うから無理だと言われる。そのくせ、突然呼び出してくる。もうすぐ三十路になろうという女が、こんな男に入れ込んでは時間を無駄にするということは重々承知。それでもやめられない。
あたしも多数の男性を相手にしていた時期があるので、一人だけに絞ることがどれだけしんどいのか知っている。スペアがいくつかあるというのはいいものだ。断られるショックが小さく喪失感も少ない。だから彼の行為も責められない。やめろとは言わない。ただ、拗ねるだけ。
今夜も蚊を殺すかのような滑らかさで、誘いを無視された。そう、最近は返事すらこないのだ。あたしもムシャクシャして他の男に連絡する。そういうときに限ってきちんとした理由で断られる。結局、大人しく終電よりも前に帰る。
さて、あたしは彼のために人生を潰す覚悟ができているだろうか。遊び人ほど、本当に純粋な女の子を嫁にするものだ。その頃にあたしは子供も産めない年齢になっていて、世間から益々取り残されているだろう。