読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sakiblog

双極性障害Ⅱ型。只今リハビリ出勤中。まずはカテゴリから「双極性障害と診断されるまで」を読まれることをおすすめします。

仕事終わり、なんとなく柳くんを誘ったら、ユイちゃんと約束をしていたとのこと。それで三人で飲むことになった。
水曜日のくせに、どこも混んでいた。それで少々オシャレすぎるが、たっぷり酒が飲めそうなところにした。迷わず大ジョッキを頼むあたしとしと柳くん。ユイちゃんはモスコミュール。
ユイちゃんは可愛い。しかし、男の影がない。それを(勝手に)案じた柳くんは、彼女に合コンを持ちかけようとしていた。その話を切り出すのに、あたしは丁度いいポジションにあり、今回なんとか話を持っていった。あと一人、メンバーが揃えば実現しそうなのだが、結局仕切るのはあたしになりそうだ。多少面倒だが、奔走することになるのだろう。面白いし。
完全分煙とのことで、あたしと柳くんは途中で喫煙所に行った。近ごろ星占いに凝っているあたしは、その時彼の星座を聞いてみた。あたしと同じだった。その性質は、世話好きのお節介のお人好し。なるほど、以前から性格が似ているとは思っていた。安定を欲しながら、甘えられると弱いところも同じだ。
今夜はそんな話をしにきたんじゃない――ということで、再びユイちゃんの男関係を探った。彼氏は欲しい?という質問に対しては、居たら楽しいだろうけど、と素っ気ない態度。それでも合コンには否定的でないし、まんざらでもない、はずだ。
彩り豊かな温野菜が皿に並んでいた。あたしたちはガツガツそれを腹に入れた。いつもなら、風呂からあがって寝ようとしている時間だな、と思った。繁忙期に入り、仕事が終わるとすぐに寝てしまうのだ、疲れて。
柳くんが唐突に絵本の話を始めた。彼は喋るのが好きだ。聞く方が好きなあたしとしては有り難い。iPhoneでその絵本の画像を探す彼の睫毛を、なんとなく眺めた。あたしのよく知る男性より、けっこう短いと感じた。いや、彼が長すぎるのか。その絵本をあたしは持っていたので、画像検索の結果よりそちらの方が気になった。
サクからお疲れさま、とラインがきていた。ビールのスタンプで返した。この分じゃまた終電だから、寝る前に電話をする時間はないだろう。金と就職のことで彼を罵倒してから三日、普段は半日で仲直りしているのに、今回ばかりはあたしの気がすまなくて長引いている。このぎこちなさを解消するためには、あたしが気分転換をすればいいだけ。しかし、どうしてもそれができない。
ケーキを食べて、会計をすると、かなりの金額が叩き出された。小汚ない飲み屋なら三回分くらい。まあ、たまにはいいだろう。カツヤから連絡がきて、彼も深酒をして日付を跨ぐ頃に帰るのだという。まだ、水曜日ですぜ?あと二日もつまらない、お仕事。