読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sakiblog

双極性障害Ⅱ型。只今リハビリ出勤中。まずはカテゴリから「双極性障害と診断されるまで」を読まれることをおすすめします。

 そんなつもりはないのに、頑張りすぎているとよく言われる。だから心配なのだと。その元気がいつまで続くのか、突然プツンと切れないか不安なのだと。そうならないように、あたしは色んな人に頼っているつもりだし、自分では上手くいっていると思っている。
 気を遣われるのは嫌だが、気を遣うのはもっと難しい。ある程度のレベルに達しても、次へ次へと求められる。取り皿を配ってサラダを取り分けて、灰皿を取り替えてもらっても、カラオケの演奏停止を押すタイミングで怒られる。注意してもらえるだけいいのだけれど、この社会は少々細かすぎやしないか?
 ヒールを履き続けたせいで、足の裏の皮がめくれている。男性と違ってストッキングだから、汗をかいて臭いが酷い。こんな窮屈な思いをして会社に行くのを、間違っていると考えている人は、フリーになったり、家庭に入ったりするのだろう。あたしはといえば、足の痛みを我慢して、それでも会社に属する生き方を選んだ。高いお給料と肩書きが手に入るから。
 終電間際まで帰れなくて、先輩に少しだけ愚痴を言ってしまった。早く染まれば楽だと言われた。確かにそうだ。前から解っていることだ。けれど、あたしにはあたしなりの卑しい矜持がある。染まりきらず、正道を通らず、別ルートから進んでいく。当面はそんな予定。