sakiblog

双極性障害Ⅱ型。只今リハビリ出勤中。まずはカテゴリから「双極性障害と診断されるまで」を読まれることをおすすめします。

 今どきの若者らしく、あたしは上司との飲み会が嫌いだ。いわゆる飲みニケーションってやつ。酒は大好きだし弱くはないのだが、上司には下戸のフリをしている。二杯目でカシスウーロン。
 若手だけで帰りの電車に乗っているとき、その日の飲み会がいかに悲惨だったかよく語り合う。課長がめんどい。係長がうるさい。あたしは特に気が利かないので、しょっちゅう怒られる。つまみを頼む順番なんて知らんがな。些細なことで機嫌を損ね、何度も同じ話をするオッサンたちと同席することは、もはや介護である。
 でも、オッサンたちも若いときは、あたしたちと同じ話をしていたはずだ。さらに上のオッサンたちから、様々な仕打ちを受けていたのだから。実際、その話はよくされる。昔はもっと厳しかった、おまえ等には優しくしている方だと。だったらもっと優しくしてくれないだろうか。仕事では厳しくていいからさ。
 さて、あたしが年を食ったとき、一体どんなオバハンになっているのだろう。今の不平不満を下の世代に転嫁するのか、自分の中で消化するのか。今は消化したいと思っているのだけれど、それができない程これから溜まっていくのだろうか。