sakiblog

双極性障害Ⅱ型。只今リハビリ出勤中。まずはカテゴリから「双極性障害と診断されるまで」を読まれることをおすすめします。

 職場で送別会をしてもらった。契約社員という立場だったが、こういう時の待遇は正社員並みなのである。これはあたしの人徳がなせる技、と自惚れて言っても、今回くらい構わないだろう。あたしは普段から愛想がいいのだ。
 今日は午後から挨拶まわり(他課にも顔見知りがいるのだ)をはじめ、激励やら何やら、色んなお言葉を頂いた。個人的に嬉しかったのは、契約社員だがそれ以上の働きをしていたと言われ、非正規雇用の矜持が輝いたことだ。
 まあ、来月からは正社員なのだが。
 直属の上司は、管理職になったばかりの三十代で、自慢話をしたがる「褒めて伸ばすタイプ」のお坊ちゃんだ。こと飲み会においては、彼が色々と喋ってくれるから助かる。一応、主役はあたしだったが、四月からの生活など、そんな話をしたのは冒頭十分だけ。後はニコニコと皆の話を聞いていた。その方が楽しいのだ。
 主催者が予算を気にせず料理を注文し、あたしは遠慮なく頂いた。刺身が分厚く美味しかった。天ぷらはそうでもなかったが、ホタテのフライは良かった。職場近くの店であり、これからの人生でこの土地を訪れることはもうないかもしれない。だが、何かの時のために店の場所は覚えておこうと思った。
 寂しくないと言えば嘘になる。二年間だけとはいえ非常に良くして頂いた職場だ。あたしは最後、行ってきますと言って元気に別れたわけだが、一人になってからスーパーで缶ビールを買った。家で飲みながら、少しくらいしんみりした気分になっても良いかと思ったのだ。