sakiblog

双極性障害Ⅱ型。只今リハビリ出勤中。まずはカテゴリから「双極性障害と診断されるまで」を読まれることをおすすめします。

 現在あたしが契約社員として働いている会社は、社員数が多い分、ろくでもない奴が紛れ込むらしい。直接本人と会ったことはないけれど、滅茶苦茶なのがたくさん居たとのこと。放火や横領といった犯罪を犯して解雇になった人から、一年間に親族を十人くらい亡くして忌引きを取り続けた人まで。そんなバカを正社員として雇ったこの会社には、心底うんざりする。
 最近、聞いてがっくりきたのが、あたしと同じゆとり世代の暴挙である。個性の尊重や自己実現といったキーワードを叩き込まれているため、自分の義務よりは権利の方に敏感なのだ。ビジネス系の記事に似たような事例はいくらでもあるけれど、あたしが聞いたのはこういう奴だ。
 年度末に繁忙期がやってくる部署に配属されたゆとり(男性)。会社が主催する、自由参加の研修(パソコンとかマナーとか)のほとんどに参加していたらしい。会社に所属した以上、研修を受け自らのスキルアップをはかるのは、自己の権利だからだ。部署の状況は全く無視である。繁忙期に、市民救命士だかなんだかの講習を受けようとしたとき、上司の怒りが遂に爆発。しかし、彼は「ワークライフバランスって知ってます?そこまで働いて楽しいですか?」というような態度を取ったらしい。それから、今の仕事は自分に合わないとか、成長できないとか言い出して、うつ病の診断書を出し休職。これがゆとりである。
 正社員になれたからといって、そいつができる奴だとか、非正規社員より優れているとか、そういうわけではない。あたしだってそうだ。運が良かったのだ。あたしはああいうバカにはなりたくない。絶対になりたくない。
 つまり、何を言いたかったのかというと、真面目で気配りのできるあたしの恋人が、社会ではクズ扱いされていて、一度も正社員になれていないことに怒っているのである。あんなにいい男性なのに。あーあ。