sakiblog

双極性障害Ⅱ型。只今リハビリ出勤中。まずはカテゴリから「双極性障害と診断されるまで」を読まれることをおすすめします。

真っ直ぐ伸ばした髪は鎖骨を隠すくらいになり、時の経過を鏡の中で見せつけられた気分になった。それを一つに束ねて、数年ぶりにシュシュをつけた。色はセーターと同じ濃い紫色。
恋人は今日も仕事だ。生活リズムが違うせいで、このところ会話が減っている。彼が電話をかけてくる時間には、あたしはすっかり眠くなっていて、どう抗ってもおやすみの一つも言えずに寝てしまう。昨夜も、そうだった。
昼頃まで寝て、冷凍のパスタを食べて、夕方までまた寝た。平日の疲れが溜まっていたらしい。いくつもの夢を見た。最後に覚えているのは、007にSFを混ぜたような話だった。一日のほとんどを睡眠に費やしたわけだが、洋画を見ていたと思えば、時間を無駄にした後悔が弱くなった気がした。
ラインで送られてきたURLをもう一度タップし、店を確認した。靴は脱がなくても良さそうだったので、ブーツを履いて行くことにした。最大人数は40人とあって、今回の忘年会は30人程度参加なので、貸しきりになるのだろう。集合時間になるまで、一定のグループはゼロ次回でもやっているのだろうが、どこにも属していないあたしは何も聞いていなかった。
日の落ちた空、電車の窓から月が見えた。今夜は、二週間ぶりに彼と会うことになる。酒を飲み過ぎない自信がなくて、あたしは他人に予防線を張ってもらった。ちゃんと、帰るさ。