読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sakiblog

双極性障害Ⅱ型。只今リハビリ出勤中。まずはカテゴリから「双極性障害と診断されるまで」を読まれることをおすすめします。

 会社の飲み会後、一人でいつものバー。若手組もいたのだが、二次会には誘うことも誘われることもなく。そこまで気の合う奴がいたわけでもないので、それなら馴染みのところで初対面の客と話す方が楽しいというわけだ。よく考えてみると(考えなくても)、今の会社で本音を晒せる相手は一人しかいない。これからの長い雇われ生活の中で、その数は増えていくのだと思うけれど。
 酒に強い体質で良かった、と思う。そして、学生のときに散々失敗しておいて良かったとも。一人で帰るしかないときはきちんと理性があるし、迷惑をかけるようなこともない。笑い声が大きくなる程度。
 酒が飲めない恋人のことを想う。彼とは真の意味で酒を楽しむことはできない。それで一人か、もしくは他の男と行く。わざわざそれを言うようなこともしないけれど、彼はそれを黙認している。酒好きの彼女と飲めない彼氏。こんなバランスが何年も続くとは思っていなかったけれど、いくつかの綻びに目を瞑れば一応それは成り立っていて、これからも日々を過ごしていく。