sakiblog

双極性障害Ⅱ型。只今リハビリ出勤中。まずはカテゴリから「双極性障害と診断されるまで」を読まれることをおすすめします。

 ケイの誕生日は必ず祝日だ。本人がそれをどう思っているのかは知らない。けれど覚えやすいので、出会ってからずっと誕生日のメールを送っている。そっけなくも見えるその一文を送信すると、すぐさま電話がきた。彼は外にいたようで、上司に付き合って下らない飲み会をしていて、一人抜けてきたとのことだった。誕生日の前日にそんなことをしていたなんて、クソみたいな人生だねと言ってあげた。彼は、今の会社で学べることはもうないから、転職したいと言っていた。いいと思う。彼の言う今度飲みに行こうは大抵アテにならないのだが、その日は日時を決めた。詳しくはまたメールするということだが、どうなんだろう。忘れるということはなさそうだけど、どうせギリギリだ。そしてどうせ大阪だ。待ち合わせをしても、時間ぴったりに来ないだろうから、暇つぶしの文庫本は必要だろう。
 あたしもケイも、もうそれほど弱くない。特にあたしは、充分強くなった。彼と話す度に後悔するようになったし、庇護できないことを歯がゆく思う。いつかのタイミングで、彼との連絡手段を断たなければと考えている。それがずっとできないでいる。なので彼が自殺でもしてくれればいいのにと思うことがある。そうなればあたしも立ち上がれなくなるけれど。