sakiblog

双極性障害Ⅱ型。只今リハビリ出勤中。まずはカテゴリから「双極性障害と診断されるまで」を読まれることをおすすめします。

 職場のお姉さまから招待券を貰ったので、サクと二人で食事をしてきた。会社でいい子にしていると、たまにこういう特典がある。あたしたちはお姉さまに感謝しつつ、いつもの五倍は豪華なディナーに舌鼓を打った。機嫌が良かったので、あたしは無駄に彼のことを褒めた。何も出てこないよと言われたので、釣った魚をぶくぶく肥やす方なのだと言った。デザートが出てくる頃に、ハッピーバースデイのピアノ演奏が聞こえ、見ると大学生くらいのカップルのもとにケーキが運ばれていた。アナウンスが流れたので、あたしたちも拍手をした。女の子は少し涙ぐんでいる様子だった。するとサクが、あんな風に誕生日祝おうか、と半笑いで聞いてくるので、お断りだとあたしは言った。良いことだろうが悪いことだろうが、目立つのなんて絶対に嫌だ。自分が主役になるのは葬式だけでいい。そしてあたしは、デザートをがつがつと完食した。彼は「さすがサキちゃんだ」とでも言いたげな顔をしていた。