sakiblog

双極性障害Ⅱ型。只今リハビリ出勤中。まずはカテゴリから「双極性障害と診断されるまで」を読まれることをおすすめします。

 職場の飲み会だった。年上の後輩は、やはり道化を演じていたようで、アルコールを入れる手間もなく本性をさらけ出してくれた。あたしは腹黒い人が大好きだ。タバコをふかすその様子に好感を持てた。あたしは上司のからかいに呼応し、お姉さまたちの噂に油を注ぎ、上手く立ち回った。上出来だと思う。それでいい。
 言動に気を使い、誰にでも気に入られるよう努力したとしても、自分の愛する人から見返りを得られなければ意味がない。だからあたしは、サクに精一杯の愛情を注ぐ。肉を削り、血を流しても構わない。満身創痍のこの身、その一辺もさらけ出さず、世間に生きていける自信があたしにはある。嘘を吐こう、笑おう、必要とあらば倒れよう。それで彼を守れるのなら、あたしは涙一つ流さない。狂信者になろう、盲信者になろう。それがあたしの誠意だと思うから。
 夜明けがこわい。それでも明日は来るのだから、仕方ない。