sakiblog

双極性障害Ⅱ型。只今リハビリ出勤中。まずはカテゴリから「双極性障害と診断されるまで」を読まれることをおすすめします。

 ユリさんというのはあたしの二つ年上、姉御肌の美人さんで、商社に勤めている。直接会ったことはない。ナオトは彼女から交際を申し込まれているのだが、返答に迷っているとのこと。元カノであるあたしに、その相談が回ってくるのは、ユリさんにとって面白くないことだろう。別れたくせに、まだナオトの中で大きな地位を占めている。まあ、仕方がないし、あたしは悪くない。
 ナオトが交際を渋っているのには、いくつか理由があるけれど、最も大事な部分は言葉にできていない。理論派の彼が、それをハッキリ言えないというのは珍しいことだ。そこをクリアしていたら、あたしに電話なんかかけないだろう。彼らがどうなろうと、あたしに何ら影響はないので、ちゃんとしたアドバイスはしなかった。彼の自問自答を手助けしただけだ。ユリさんはあたしのことを知っていて、元カノには会ってほしくないと言っているようだが、そんなものあたしが守るわけがない。二人が付き合ったとしても、今まで通り食事に誘い映画を観に行くだろう。あと、マンガも貸しっぱなしだし。