sakiblog

双極性障害Ⅱ型。只今リハビリ出勤中。まずはカテゴリから「双極性障害と診断されるまで」を読まれることをおすすめします。

 毎朝あたしは、ランニングをしている男性に追い抜かされる。いつも同じ時間に家を出ると、目にする人々も同じである。子供を幼稚園のバスに乗せた後なのだろう、二人の女性が厚着をして立ち話をしている。その前を通り過ぎると、道路を挟んだ向こう側でインド人の男性が車を待っている。そして二つ目の停留所を過ぎてから、三叉路の横断歩道までの間に、太った中年男性とすれ違う。駅へと右折する際、養護施設に通う人々の脇をすり抜ける。改札の手前には、タクシーの車庫があり、おっちゃん達が車を磨いたりタバコを吸っていたりする。ホームに立つメンバーも、何人かは一度見た顔。髪を立て、裾がいくぶん短いスーツを着た三十代くらいの男性。予備校性のように見える、目が細く背の高い少年。あとは水色のリュックの女の子が、わめきながらそこらを行ったり来たりしている。田舎の駅。