sakiblog

双極性障害Ⅱ型。只今リハビリ出勤中。まずはカテゴリから「双極性障害と診断されるまで」を読まれることをおすすめします。

 人混みは嫌いだ。大学の時など、通勤ラッシュに巻き込まれるのが嫌で、一時間も電車をずらしていた。窮屈な思いをするくらいなら、早起きの方がいい。混雑する場所にも、平日にしか絶対行かない。そんなわけで、ルミナリエには月曜日の仕事終わりに行った。実に十数年ぶりである。さすがに17回目となるので、段取りは良く、人混みの中でもあたしの機嫌は悪くならなかった。一応、愛機・IXY20ISを持って行ったが、彼女は夜景に強いわけではない。申し訳程度に数枚撮った後、ただ静かに電飾を眺めていた。地元のイベントだ、特に真新しい感動はなかったけれど、素直に綺麗だと思った。傍らでサクが、高校生のように気恥ずかしいことを言った。彼は時々、言動が幼くなる。可愛らしいからそれでいいと思っている。東遊園地には、想像していた数以上の屋台が並んでおり、こちらがメインのようなものであった。正に花より団子。500円の缶ビールや牛肉の串焼き、イカ焼きにラーメンを食べた。元々の趣旨から大きく外れている気はするが、無いよりもあったほうがいい。何事も、そうだ。最後に甘いものが食べたくなり、外国人のオネーチャンが作った下手くそなクレープを一つ買った。あたしは少しかじれば充分だったので、サクが残りを食べている間、彼の目元を見つめていた。いくら童顔だとはいえ、間近だと肌の衰えがよくわかる。笑い皺がしっかりと刻まれていて、あたしはそれを愛しいと思った。この皺は、さらに深くなっていく。肌の感触も悪くなる。髪だって白くなるし、咳払いも増えていくだろう。あたしはその様子を眺めていたい。